自律訓練法:額が涼しくなるためのポイント|標準練習の終了

2021年5月30日

変性意識状態=根源的意識状態は心を癒す

脳の変化が自律訓練法の本来の目的です

手足の重温感などは

それを身体の変化から起こそうとするものです。

自律訓練法は
基本 脳へのアプローチです
催眠状態になった人たちが心身の快癒を見たことで
誰もが自分で催眠状態に入るために
100年前にシュルツ博士が 催眠術にかかったときの状態を
多くの人にインタビューして
一番おおかった手足温感や腹部音感、そして額涼感を
練習して起こせるようにすることで
催眠状態に入るための方法を開発しましたが
それが自律訓練法なので
本当の目的は身体の温感ではなくて
そうなることで変化する脳のほうです

このときの脳が変性意識状態です
最近では根源意識状態と呼ばれることもありますが
脳の様子が違うのですね
ボールが止まって見えるとか
スポーツで相手の動きが止まって見えたとか
言うのも変性意識状態に他なりません

世界と一体感を持つ技法
変性意識状態になると世界との一体感や恍惚感が生まれます
それは悟り の現象そのものかもしれないですが
そのとき 脳というシステムは大脳ではなく
間脳中心になっているとも言われます
大脳が考えるたくさんのネガティブな情報が間脳にこないので
間脳の視床下部にある自律神経の束が全体まるっと癒やされる、まあ、自律神経が温泉に浸かることで気持ちよくなって回復するみたいな
そんな感じです

そして
額の涼感、あるいは額のムズムズかんなどで額を感じることが
変性意識状態の証拠なんじゃないかと思います

私は自律性状態になってそれがはげしいときは
額が生き物のようにじんじんしています
こわいくらいです

自律性状態=変性意識状態になるのに
アルファ波から入るのも手段のひとつです。
あと
スポーツの例のように
何かに異様に集中するのもいいでしょうね
アインシュタインは数式を解いてるとアルファ波が出たという話があります。
そんな天才は別にしても
私の場合でも読書、とくに速読で読書していると
自律性状態の時と同様に
額がムズムズしてきます

そっちの体験の方がはやかったので
自律訓練法でそうなったとき
速読と同じだと思ったものでした。

額の存在を感じること。
スピリチュアルでは額にチャクラがあります、それも一番大事な第七チャクラといいますが
自律訓練法の標準練習の最後はまさに第七チャクラを明けることにあるのです。

******************************
◆電話占い に紹介されました
https://denwauranai-search.com/interview/interview-tsuzi-toma/

インタビュー記事です
↓  ↓  ↓
https://www.tuzitomasikitarotcoaching.com/%E3%82%BF%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88%E5%8D%A0%E3%81%84%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

******************************

◆ホームページです
https://www.tuzitomasikitarotcoaching.com/


◆メルアドです。
お気軽にお問い合わせください、 お待ちしております。
必ずお返事いたします。

 tuzitomasikitarotcoaching@ybb.ne.jp 


メールマガジンのバックナンバーです
https://mail.os7.biz/b/6GxQ