【神秘の丹光とその効果】第三の目が開くと「丹光」が見える|自律訓練法黙想練習の不思議な世界

目を閉じた時、瞼の裏側に光の玉が見えたことってありませんか?

それを丹光と呼んで神秘的な現象と唱えたりもされますが

瞼の裏に光が見えているときはとても心が落ち着きます

自律性状態=変性意識状態になっているのだと思います

さてこの瞼の裏の光の玉(以下丹光)は生まれつき見える人と見えない人がいるとされるのですが

実は練習すれば誰でも見えるようになるのです

今日は丹光と自律訓練法黙想練習についてお話します

丹光が見えるための条件とは?

丹光は日常の中で目を閉じればいつでも見えるわけではありません。

実はこれ、見るのはなかなかむずかしくて見たことがないという人の方が圧倒的に多いです。

丹光が見えるためには実は心身がとてもいい状態にいなくてはなりません。

その条件として一般的なのは

心が静か。怒りや腹立ちの感情がない、不安がない、そんなとき。副交感神経が支配する夜が多い。瞑想しているような静かな呼吸がずっと続くとき。などなどです。

この状態が自律性状態です

よし!みるぞとか絶対にみてやる!とかの気持ちがあるときは逆に見えません。

見ようとするのではなくて目を閉じて光が向こうからやってくるのを待つ、という心の姿勢になります。

第三の目=サードアイ自体は物理的に存在します

ここで丹光について一般に語られていることをご紹介します。

第三の目(サードアイ)=第6チャクラが開くと目を閉じても光が見えるとされます

具体的には脳内にある松果体が第3の目となっています。

松果体とは私たちが魚であった時代

文字通り額にあった3つ目の目が脳内におさめられたものです。

魚には今でもちゃんと3つの目があります。二つは体の両側。外側の目です。魚の体形から 外側の二つの目では前方は見えません。それで頭部の頂上部分にも目があります。

この魚が陸に上がり変容していった果てに私たちがいるのですね。私たちの両目は魚時代の外側の二つの目です。

で、魚の頭部頂上の目が松果体として残っているのです。

今の人間にとって松果体がどんな役割をもつかは東京大学の研究チームが論文を出したりするほど未知な器官です。

元が目であったことから今でも脳内から直接光を見ていると唱えたりもされます。

また何かをきっかけに松果体が目としての機能を取り戻し光を感じると言われたりもします。

そんな神秘の目が見る光が丹光となるわけですが

これは生理現象としてとらえることができる光で

練習によって見えるようになるのです

丹光はスピリュアル現象と呼ばれることが多い

24bbe881ee78714b02314f2264fcb0a6_s.jpg

スピリチュアルな世界観では

丹光について次のように言われます。なんといってもチャクラ。額の第6チャクラが開くから第三の目が開き、つまりいわゆるサードアイが表れて、その結果丹光が見えるのだと、 そうなっています。額の目が開くと見えるのであり、開いてない人は当然見えないとなるのです。こうなると丹光そのものが意味をもつ存在になっていきますね。スピリチュアル的解釈で特筆すべきは自分以外の他人の丹光さえ見えてしまうというのです。丹光はこうなると目の中の視覚野の話ではなく霊の世界の実態の話となりますね

丹光は動く 変化する

丹光を見たことのある人なら、

中でもしょっちゅう丹光を見ている人なら

こんな経験があるのではないでしょうか?

それは、丹光の色が変化するということです。

スピリチュアル的解釈では

まず最初に見えた色があなたを示す色

その色はよくも悪くもあなたにメッセージを発しています。

そして最初の色から二番目の色に変化があります。さらに3番目、4番目と変化することさえあるのです。これはチャクラからのある種の信号が発せられていると考えるのですね。

この丹光を見ることを練習すると、やがて好きな色を自在にみることができるようにもなります。

丹光が見える人の特徴とは?

見えない人が多数と言いましたが、では見える人ってどんな人たちなのでしょうか?

丹光が見える人は

スピリチュアル能力が高い

子供のように純粋な心

集中力がすごい

直観力が優れている

霊感がある

心身の変化にとても敏感

という特徴があるようです。

一般的には心身の変化にとても敏感に反応する人です。

心臓の鼓動が普通でもわかるとか、手足が血行の具合で重さや温度が変わることがわかったりと。

丹光は、チャクラの色を表すのでこれが見えるとくのは心身の変化、心身そのものにとても脳がリンクしている人ということができます。

こうしたことは自律訓練法による自律性状態や 瞑想による変性意識状態で心身に起きる変化でもあります

こうした変化の結果、運気や自分の中のエネルギーの微細な変化もわかるようになり、人生と運命を大きく変えるきっかけにすることもできるのです。

私の丹光体験談

マインドフルネス

私自身は子供のころは渦を巻くかのように丹光の光の嵐を見ていましたが

大人になったらゼロに。

ところが自律訓練法をはじめてしばらくするとまた見えるようになりました

自律訓練法の基本をマスターすると最終段階で

イメージ練習があるのですが

その第一ステップはまさに目を閉じて光を見る練習をするのです

自律性状態のときには丹光が見えるようになったのです

この先さらに好きな色をみるとか、第6ステップまで練習はあります

最後は、必要な答えをイメージでみるというところまで行きます

 

さて

私が自律性状態のときに見る丹光の色は

紫が60% 40%が黄色です

丹光の光の意味が示すところによると

紫は精神面物質面のバランスが良い

黄色はポジティブな感情がありネガティブをはねのけている

となっています

鮮明な時に限りくぐもった色は逆の意味になるからタロットみたいですね

さて私は考えてみると

紫ばかり見えるときと黄色ばかり見えるときがあり

それ以外の色はこの自然発生的に見えるときはみたことがありません

自律訓練法を極めていくと好きな色を自在に見ることができるということは

訓練によって心がとてもとても柔軟になっていくということなのでしょう

そもそも自律訓練法は

間脳を癒やす手法でもあり

松果体は間脳の奥にあるので

何らかの働きかけをしていると思われますね

これから丹光を見たい人におすすめの方法

丹光

まだ丹光を見たことがない方で

これからどうしても見たいと思っている人に

丹光を見るための方法をご紹介します。

瞑想

スピリチュアル的解釈では瞑想が一番だとされています。

瞑想をするとやがてチャクラが開くからです。心の水面がまったく平静になってるときにそこに光が映るという感じです。少しでも波立てば移りません。瞑想によって絶対の静寂を得るのです。

呼吸法

瞑想までいかなくても優れた呼吸法を日々やることでそれに近い状態に心身をもっていくことができます。なかでも丹田呼吸法は手順も簡単で取り組みやすいです。

最大のおすすめは自律訓練法黙想練習の自発的色彩心象視

自律訓練法はリラクゼーション技法として紹介されることが多いですが、基本練習をマスターしたら自律訓練法黙想練習というイメージ訓練があります。

まず自律訓練法標準練習をマスターする必要があります。

【体験から語る自律訓練法】ストレスを解消して自律神経を整えるために|自律訓練法の仕組みと効果を全部解説

その上で黙想練習のステップを踏んでいきます

  1. 自発的色彩 を見る
  2. 選択色彩 を見る
  3. 具体物 を見る
  4. 抽象物 を見る
  5. 景色 を見る
  6. 人物 を見る
  7. 無意識からの応答 を見る

【究極のイメージング】自律訓練法で潜在意識からのメッセージを受け取る方法|自律訓練法黙想練習

というように段階を踏んでイメージを見ていく実証済みの医学的イメージトレーニングの方法です。

この自発的色彩心象視っていうのがまさに

丹光そのものなのです。

そして2番目の選択色彩を見るというのは、好きな色の丹光を見るということになります。

つまり自律訓練法の手順に沿ってトレーニングをすると、丹光は誰もが見ることができるのです。

受動的注意集中の状態に入って

自律訓練法の基礎ステップをクリアしたら変性意識状態になります。

そのうえで瞼の裏に色が登場するのを待つのですがくっきりと

まるで映画で光を眺めているかのように見えます

これすなわち丹光です。

丹光を見るなら医学的に証明されている自律訓練法黙想練習が最適なやりかただと言えます。

丹光が見えるとどうなるのか?

自律訓練法

さすがにスピリチュアルの世界でも丹光が見えると霊が見えるとはなっていません。しかし丹光が見えるというのは心身の変化への感知能力のアップのシンボルですから、そういう能力がアップしたことからの効果が得られます。脳の現象としても、丹光が見えるということは、脳幹部や間脳と、大脳のアクセスがよくなっているということなので、より本質的な思考をする間脳からのメッセージが丹光ということもできるでしょう。自分のことはもちろん他人のことも体調や考えの変化までよくわかるようになります。中でも自分の中の潜在意識との回路が開くのでチャクラが開いたという言い方もするのですが潜在意識からの有形無形の応援を日常的に得られるようになります。

丹光 まとめ

人間の脳はもともと丹光を見る能力があります。それはだれでも練習すれば自転車に乗れるようになるのと同じです。

チャクラやサードアイなどは特別な神秘的なスピリチュアル能力ではなくて手順を踏んで練習すればだれでもそれを開くことが可能なのです。

なのでここでご紹介した瞑想や、呼吸法、とりわけ自律訓練法黙想練習によって丹光が見えるようになれます。自分の丹光を見ると、心身の状態が細かくわかるようになり、自分の中のエネルギーの流れも分かるようになりますからすばらしい人生のサポート役になります

ご関心のある方はぜひチャレンジしてみてください。

コーチングにご関心があれば、下記ボタンよりお気軽に無料セッションにお申込みください。30~60分でいろんな説明や、実際のワークなどもやっています。
私がどんな感じか知りたい方はこちらへ→辻冬馬の潜在能力引出チャンネル

イメージストリーミングメールマガジン申込はこちらへ→メルマガ登録

無料お試しコーチングセッション申込