潜在意識を氷山モデルで考えるのはもう古い|潜在意識を利用して行うコーチングと心理サポート

2021年12月19日

潜在意識を書き換えない限り人は変われない!

潜在意識が動き出すと目標は達成できる!

今や 能力開発には「潜在意識の力」を使うことが必須になっています。

そんな潜在意識をわかりやすく説明するためによく使われるのが氷山モデルです

氷山のほとんどは海中部分にあり 海面に浮かぶ部分はわずかです

同じように意識も表に出ている部分(自意識)は全体のうちわずかで

隠れている部分(潜在意識)がとても大きいということです

ところが最近の脳科学の発達によって

氷山モデルではとても脳の不思議を言い表せなくなってきています

潜在意識は「氷山」にたとえられる

潜在意識を説明するのによく使われるものとして
氷山のたとえ=氷山モデルがあります。

氷山の海面に出ている箇所は

全体の1/10であるとして

顕在意識は全体の10%、潜在意識が90%。

だから自分を変えるには潜在意識を変えないといけない

たとえ風が東に向かって吹いていても潮の流れが西に向かって流れていたら

氷山は西に流れます。(船なども潮に流されますね)

潜在意識が向かう方向に自意識も引っ張られるので

水面下の潜在意識にアプローチすることが必須となる!

これが古典的な氷山モデルによる潜在意識開発モデルです。

とても分かりやすい例なので今でもよく使われます

潜在意識ってどんなもの?

ここで潜在意識の意味をおさえておきましょう。

日常的に潜在意識と呼ばれるものは

心理学の正式な学術用語としては無意識なので

無意識=潜在意識

となります。

潜在意識に対して顕在意識という言葉がありますが

顕在意識=自意識のことですね。

なので普通は自意識以外をすべて潜在意識と呼んでいます
それは日本以外のすべての国を外国とひとくくりで呼ぶのに似て 
乱暴な呼び方なんです

天才の発想の秘密は潜在意識

20世の心理学の発展で
潜在意識から自意識に情報が登ってくることこそが
ひらめき神の啓示天使のお告げ
の現象の正体であると言われるようになりました

潜在意識の中にはその人にとって必要な情報や知識がすでにあるのに

自意識はそのことに気づかない

しかし 潜在意識からその情報・知識は 折に触れて自意識に上ってくるのです

そのとき人は ひらめきが爆発した! 着想が舞い降りた! 答えを誰かがくれた!

と感じます

こんな風な潜在意識から情報を受け取る不思議な感覚を

古代人は 神のお告げ 神々の神託、精霊や守護霊からのメッセージと呼んでいたのでしょうね

潜在意識を大きく2種類に分類してみる

自意識以外の部分を潜在意識とひとくくりで呼ぶのは

日本以外の国を外国とひとくくりで呼ぶのと同様に乱暴だと言いましたので

ここでは潜在意識を大きく2つに分類してご紹介してみます

2種類だって乱暴と思うかもしれないですが

意外と2つに分けるだけで全体像がわかりやすくなります

思考から考える潜在意識と身体から考える潜在意識の2通りです

思考の機能としての潜在意識

自意識というのは大脳が中心になって作り上げた
自己認識のネットワークです

ゆったりした気分のときに

忘れた記憶を突如思い出したりすることがあります。

同様にずっと考えていた問題の皆生策などを

突然 思いついたりします。

アルキメデスの比重の発見や、

ニュートンの万有引力の発見、

湯川秀樹の中間子理論の着想

ケクレのベンゼン分子のモデル構造などが

リラックスが生み出した大発見として

よく例に挙げられますね。

芸術でも

音楽は天から与えられる、そんな意味のことを

マイケルジャクソンやジョンレノンが言ったし

モーツァルトはいきなり曲の全体が見えていたのだそうです

【天才への入り口】変性意識状態に入る方法|中に入れば潜在意識が勝手に問題を解決してくれる

天才たちの事例は潜在意識から自意識に

情報が浮かび上がって来ていた証拠です。

実はこの仕組みはとても簡単なのです

すでに潜在意識ではアイデアは出来上がっていた

音楽が完成しているのだけど

まだ自意識がそのことを自覚していない

でも自覚した瞬間 いきなり完成形で登場するわけです

言い換えると

イメージはできているが言葉になっていないのです

なので突然潜在意識と顕在意識がつながるというのは

イメージが突然言語化される現象なんですね

体と思考の間 脳幹部としての潜在意識

脳幹部である間脳や延髄からの情報も自意識に来ます

大脳には本能をつかさどる脳の中枢からの情報も来ます

つまり

脳幹部からの本能的な情報も来ます

中でも脳幹部と大脳をつなぐ間脳には

自律神経の集積した束があって体全体と脳をつないでいます

心拍数や血圧など人体のあらゆることをコントロールしています

これらの機能も潜在意識と言えるでしょう

脳幹部は大脳と違って思考をする場所ではありませんが

やっていることはすごいです

カルシウムが足りないとか、ビタミン不足とか、理解して

胃腸の消化から必要なビタミンの分子やカルシウム分子を取り出し

必要な場所に運んでいきます

また

あの箇所が傷がついたから

そこに免疫細胞を送り出して外敵を倒し

傷の修復のためそこで細胞分裂を起こさせる

大脳にはできないことをやってるのですね

ひとつの事例です

海で相談した人の味の好みの変化

海で遭難した人が

何日もボートで漂流していると

当然魚を獲って食べるのですが

最初は普段食べるようなおいしい場所を好むのですが

日数がたつとはらわた部分ばかりを食べたくなるんだそうです。

それは

はらわたに含まれる豊富な栄養素を

体が欲しているからです。

脳幹部が必要だと判定したことは

大脳が食べたい という欲求として感じるわけなんですね

脳幹部が必要と感じたこと=潜在意識

食べたいという感情=顕在意識

という関係です

恋愛感情も

種の保存という脳幹部からの情報を

大脳が恋愛感情というものに昇華して感じているわけです

おそるべし脳幹部

間脳がいかに癒されるかでリラクゼーションの深さも決まるのだとか。

思考の潜在意識の秘密|デフォルトネットワークの発見

神経科学者のレックス・ユングは

アートデザインを学ぶ学生たちを対象にある実験をしました

学生たちが絵を描いている間 MRIで脳イメージングをしたのです

その結果 創造性はデフォルトネットワーク(DN)から来ると結論づけました

DNとはわたしたちがぼんやり夢想にふけったり物思いにふけったりしているときの

脳内に作られる神経ネットワークです

何かを集中して考えているときに形成されるとネットワークとは別に

平行していつでも簡単に切り替わるもうひとつのネットワークがあるのです

そしてそのマインドワンダリング=物思いのネットワークが稼働するとき人は創造性を発揮するのです

エグゼクテイブネットワークを顕在意識

デフォルトネットワークを潜在意識ととらえることもできるので

潜在意識を練り上げるにはぼんやりして物思いのふけることが大事ということになります

だからこそ偉大な発見はぼんやりしたときに閃いていたのですね

まとめ

潜在意識は私たちの自意識が気づかないうちに素晴らしい質量の活動をしています

大事なことは 潜在意識とはそんな素晴らしい存在であり

その能力を信じてアクセスすれば

潜在意識は私たちをサポートしてくれるということです。

私たちの普通の意識と潜在意識とのかかわり方が一番大事なことなのです

潜在意識へのアクセスの道筋をつけて大きくしていけば

必要な時にいつでもスーパーコンピューターの英知を

受け取ることができるようになるのです

*参考:潜在能力引出メソッド

イメージストリーミングの基本&効果】ウィン・ウェンガー博士が天才の研究からあみだした心理学ワーク|わかりやすく解説します

【体験から語る自律訓練法】ストレスを解消して自律神経を整えるために|自律訓練法の仕組みと効果を全部解説

動画でもお話しています

コーチングに少しでもご関心のある方へ

コーチングにご関心があればお読みください!

①下記ボタンよりお気軽に無料セッションにお申込みください。30~60分でいろんな説明や、実際のワークなどもやっています

無料お試しコーチングセッション申込

申込前に私がどんな感じか知りたい方はこちらへ→辻冬馬の潜在能力引出チャンネル

②コーチングの全体像が知りたい方は 下記ボタンからメールマガジンにご登録ください

6回読切り辻冬馬式コーチングのメールマガジン申込

③イメージと瞑想に 関心が深い方はこちらから
イメージングのみ まずは知りたい方は
イメージストリーミングのメールマガジン申込
自律訓練法のみ まずは知りたい方は 
自律訓練法のメールマガジン申込