自律訓練法の3段階|基礎から応用そして静寂へ

自律訓練法の効果については

未整理のままいろんなことが言われています

未整理ゆえにわかりにくい面も出てきますから

その混乱の中で一体本当の効果が何なのかよくわからなくなったりもします

今回は自律訓練法を3つの段階に分けて自律訓練法の効果を整理したいと思います

心理学から見た瞑想の三段階|瞑想と自律訓練法には人生を変えるパワーがある

自律訓練法には3段階あるから段階ごとに整理しないと効果がわかりづらい

普通自律訓練法は基本練習である「標準練習」の
背景公式と第1から第6までの6公式を合わせて7つの公式で語られます

だから自律訓練法には7段階あると思われている方もたくさんいらっしゃいます

でもこの7つの公式は自律性状態へ至る道なので

全体としては同じ段階なのです

自律訓練法の3段階

3つの段階

1.標準練習|自律訓練法の基礎練習の段階

2.自律性状態を味わう|自律訓練法の基礎を習得して7つの公式の全部を一斉に味わう段階

3.イメージを使う|自律性状態を利用して自分の本心を知り暗示をかける。 

第1段階|標準練習=自律訓練法の基礎練習の段階

自律訓練法簡易練習

まず標準練習でコツコツひとつづつの公式を練習する段階です

この時はまだ練習中ではありますが 実はすでに瞑想しているんですね

ただ自律性状態や変性状態に至るほどの深さには至っていません

温感や重感や呼吸に集中することで瞑想してるので いわばマインドフルネスの段階です

この段階でもイライラの解消や集中力のアップなどの効果があります

【体験から語る自律訓練法】ストレスを解消して自律神経を整えるために|自律訓練法の仕組みと効果を全部解説

第2段階|自律性状態を味わう=律訓練法の基礎を習得して7つの公式の全部を一斉に味わう段階

自律性状態の素晴らしい感覚

池見酉次郎さんや佐々木雄二さんが唱えた「人生を自律訓練法状態の中で生きる」段階です

自律訓練法状態という日本語は ちょっと変かなと思うので

自律性状態と私は自分勝手に読みかえています

そうすると自律訓練法の目的がはっきりします

自律訓練法は「自律性状態になるための練習法」という意味ですから

自律訓練法のゴールは「自律性状態」に入ることです

だから当然

第一段階の自律訓練法の練習中に生じる効果と

第二段階の自律訓練法習得後に自律性状態になって生じる効果は違うわけです

【自律訓練法体験談】6つの公式を全部マスターしたら変性意識が全身を包み込む|誰も言わない本当の効果

自律性状態のときには自律性解放が起こります。これこそが自律訓練法をシュルツ博士が開発した最大の理由でもあります

【自律性解放】知らぬ間にストレス解消が起こっている|自律訓練法の不思議な副産物

第3段階|イメージを使う=自律性状態を利用して自分の本心を知り暗示をかける。 

自律訓練法の全体像

自律性状態をマスターしたらいろんな応用練習があります

自律性状態に1分以内という早い時間で入れるようになって

さらに周囲が多少ざわついていても そのまま自律性状態が維持される

そういう状態になったときに応用練習が用意されています。

アファメーションも自律性状態で行うと通常のアファメーションよりも深く早く染み入ります

イメージングにいたっては圧倒的に鮮明になります

自律性状態になったら

必要とするものを取り入れていけばいいのです

【能力開発のための自律訓練法】利用法6選|自律訓練法応用練習まとめ記事

まとめ

自律訓練法を使って様々な効果が生じます

でも どの段階でどんな風にそれが起こるのかはあいまいで

わかりにくい時があります

それは 自律訓練法の3つの段階をごっちゃにして語ることが原因です

今回は自律訓練法を3つの段階に分けてそれぞれの段階での効果を整理してご紹介してみました

ぜひ自律訓練法にチャレンジされてみてください

コーチングに少しでもご関心のある方へ

コーチングにご関心があればお読みください!

①下記ボタンよりお気軽に無料セッションにお申込みください。30~60分でいろんな説明や、実際のワークなどもやっています

無料お試しコーチングセッション申込

申込前に私がどんな感じか知りたい方はこちらへ→辻冬馬の潜在能力引出チャンネル

②コーチングの全体像が知りたい方は 下記ボタンからメールマガジンにご登録ください

6回読切り辻冬馬式コーチングのメールマガジン申込

③イメージと瞑想に 関心が深い方はこちらから
イメージングのみ まずは知りたい方は
イメージストリーミングのメールマガジン申込
自律訓練法のみ まずは知りたい方は 
自律訓練法のメールマガジン申込