アファーメーション以上の効果をもたらす自律訓練法を使った自己暗示

2021年5月31日

暗示の力はすごいです。
催眠術で人が変わったようになるのも暗示の一種だし
マインドコントロールや洗脳も暗示です
そんな脳の特徴を逆に利用して
ここでは自分で自分に必要な暗示をかける自己暗示について
簡単なコツと、一番効果的な自己暗示のかけかたのひとつを
ご紹介します

自己暗示のやり方を動画で見たい方へ

一番ポピュラーな自己暗示の基礎|アファーメーション

アファーメーションといえば
ブライアントレーシーも、ナポレオンヒルもポールマイヤーも
アメリカの有名なモチベーターたちが強く推奨する手法です

必要な言葉をいつも折に触れて唱えることで自分をその気にさせる

というものです

ジェームス・スキナーはインカンテーションと呼んでいますが

使い方は同じ

言葉とは偉大なものです

ただし人間の能は一度聞いたり宣言したからと言って

いきなり変わるものではありません

繰り返し何度もある程度の期間続けることで

時間はかかるけど確実にその言葉が心を変えていきます

アファーメーションは
いつでも時間があるときにいくらでもやればよいのですが
効果を早めるにはいくつかの工夫があります

1.同じ時間に同じ言葉を唱える

  たとえば朝の7時に必ず「仕事は意外と面白い」と5回つぶやく

  たとえば夜、寝る前に「今日は充実した一日だった 明日もがんばろう」と5回つぶやく

  などです。繰り返しは3回~4回が推奨されていますね。

2.文字にして自分の生活の動線に置いておく

  たとえば情報カードに書いて それを車の中

  会社の机の引き出し スマホのカバーの中、などに置いておきます

  また貼っても大丈夫ならカレンダーの横とかに貼ります

  今日は感謝の言葉を10回言う、と嫌なことが起こるのは生きている証

  などと好きな言葉を書いておきます

3.PCやスマホの画面でいつでも見れるように工夫する

  スマホのカレンダー機能を使って

  毎日同じ時間に その言葉の通知を行うこともできますね

自己暗示の効果はリラックスしているときに加速する

さてアファーメーションを工夫するのも効果的ですが

いざ3回繰り返しているとき

深く脳にしみ込むのはリラックスしているときです

なのでお風呂上りとかに カードを目にして読むとか

寝る前のひと時とか 一日の中でリラックスしたときには

暗示の言葉をアファームしたいものです

でリラックスと言えば

自律訓練法やアルファ波が

群の抜いてリラックス状態に入れるわけです

まとめ

自律訓練法で自律性状態になったとき

アルファ波を出してアルファ波状態になったとき

いづれも変性意識状態になっていると言われています

そんなときには

催眠術にかかった人がなんでもやれてしまうように

なんでもやれてしまうものなのです

だから

そんな状態のときに

自分に必要なアファメーションの言葉を唱えたり

聞いたりしたら

自己暗示がとても効果的に働いて

わたしたちの潜在意識のレベルで変化がはじまるのです

ライフコーチング
https://lifecoach-999.com/lp/