自律訓練法が支えた感動の冒険実話|どんな困難にも立ち向かえる最強自己暗示のアファメーションパワー<巻末動画付き>

2024年5月5日

自律訓練法の状態でアファメーションを行うことを 自律訓練法意思公式練習と言います
今回は自律訓練法意思公式練習を使って単独での大西洋横断ヨット航海を成功させた
ハイネス・リンデマンのエピソードのご紹介します
(*ハイネス・リンでマン=自律訓練法の草創期の研究者のひとり)
瞑想状態に深く入ったときに アファメーションの言葉を繰り返すことで
潜在意識レベルで人は変われる いざというとき潜在意識が応援してくれる
そんな実例となっています

自律訓練法意思公式練習の簡単な紹介

自律訓練法意思公式練習を一言でいうとこうなります

自律訓練法で深い瞑想状態に入った時にアファメーションの言葉を繰り返す

(*アファメーションについてはこちらに詳しく書いています
【アファメーション解説&実践法】言葉の自己暗示で自分を変えて人生を変える )

それが自律訓練法意思公式練習です

原理はこんな感じ

潜在意識への扉が閉まる
潜在意識への扉が開く

通常の意識状態でのアファメーションは潜在意識への扉が閉まっている(左の絵)ので

なかなかその言葉を脳が受け入れにくいものです

ところが 自律訓練法意思公式練習では潜在式の扉が開いた状態(右の絵)で行うので

すんなり潜在意識に言葉が届くのです

詳しくはこちらの記事をご覧ください

仕事や人生に役立つ最強の自己暗示法|自律訓練法意思公式練習の本格的なやりかた

自律訓練法自己暗示の感動的な事例=「ハイネス・リンデマンの冒険」

自律訓練法の創始者シュルツの弟子であるリンデマンは
単独で大西洋を2度横断しました。
その最初の航海において、孤独感や絶望感、悩みや恐怖でパニック状態になりました。

 そこで2度目の航海の前に自律訓練法をマスターして出発しました。
 その際 意思公式練習(自律訓練法の瞑想状態で行うアファメーション)
を徹底して行い、公式言語としては次の3つを使いました

  • 「必ず成功する」
  • 「進路を西にとれ」
  • 「人に頼らない、助けを求めない」

リンデマンは自律訓練法で自律状態になったのちに、

これらの公式が

自分自身の新たな性格になるまで繰り返しました。
その結果、最初の航海とは全く違った精神状態で 二度目の大西洋横断をやり遂げたのでした。 

航海の途中にはいろんな苦労がありました。
しかし意思公式練習で書き換えた潜在意識がその都度助けてくれました。

たとえば今まさに転覆しそうになって、もうだめだと思ってしまったその瞬間、

夜の闇の海から「必ず成功する」という言葉が浮かびあがるのを見たと言うのです。

もうだめと思った時アファメーションの言葉が輝く

そしてその言葉を見て再び気を取り直したのです。

また 暴風と一晩中戦って その最中体力の限界を超えてしまって

うつらうつらして つい数分間眠ってしまったこともあったのですが、

そこで見た夢にはどこかに急いで歩いていく人がいて、

こへいくのだ?と尋ねると「西に向かっている!」としっかりした返事が来たとのこと。

夢で答えをはっきり聞く

自律訓練法意思公式練習によって

リンデマンの脳には大西洋横断への強い信念が、無意識レベルに至るまで刻み込まれていたのです。

あなたの人生という海を渡るためのアファメーション

人生という海

ハイネス・リンデマンの大西洋横断の実例から

自律訓練法意思公式練習をご紹介しました

リンデマンの大西洋のかわりに あなたの人生という大海原を想像してみましょう

そうしたら

あなたもまた いろんな言葉を自律訓練法意思公式練習を使って

脳にしみこませたくなるのではないでしょうか?

・この仕事を必ず満足いく結果に仕上げる

・家族の人間関係を強い絆にする

・毎日を充実して過ごす

・etc.

あなたが こだわりたいもの 願っているもの あこがれているもの

そういったことに向けて 言葉を繰り返すとき

自律訓練法は心強い味方になるのです

まとめ

いかがだったでしょうか?

ヨットで大西洋横断は特別な体験ではありますが

ここで威力を発揮した自律訓練法でのアファメーション

自律訓練法意思公式練習は

私たちの仕事や人生に応用すると

仕事や人生の節目や大舞台などで

ハイネス・リンデマンに役立ったように

それはあなたにも必ず役立つメソッドであると確信しています