心が折れそうなときの相談先ベスト4を簡単解説

2021年5月30日

つらいときや悲しいとき、
もう仕事にいくのも限界でプライベートもやりきれない、
そんな風に心が折れそうなとき、
藁をもすがる思いで訪れたいところとして、4つ選びました。
心療内科、セラピー、占い、そしてコーチングです。
それぞれどんなものなのか?体験を交えながらお伝えします

心療内科

精神的にかなりきついときに 

心療内科に行ったことのある人

今の時代 多くなっているようです

ずっと昔は 心療内科に通うこと自体 気がひけるものでしたが

今は ストレス過剰の時には割と平気で行けるもので

かくいうぼくも生命保険の営業所長時代(20年やりました)

まさに過剰なストレスを抑えるために 

時々 心療内科に行って精神安定剤みたいなものをもらって

薬を飲んでいたことがあります。

効果は確かにあります!

あれを飲むとどうなるかというと、
まずなだれ込んでくるストレスたちに対して
頭に膜ができたような気がして、それがバリヤーの役割を果たして
ストレスを防御します

これほんとそうなるんですよね

平たく言えば頭がぼーっとして、

外からの出来事に対しては認識することがあんまりできなくなるのです

ところが

何かやらないといけないとかの 内側でやるべきことに対しては

頭は働きます

つまり薬を飲むとこうなります
ネガティブなことに対しては 頭がぼーっとして働かず
やるべきことに対しては ちゃんと頭が働く

これが心療内科の薬の効果だと 

ぼくの経験からは思えます(あくまで個人の経験です)

でも

そのまま薬をずっと服用するとどうなっていくのか?
いつまで薬を飲むのか?

答えは

今の状況が変わって精神的に落ち着いたときです

が その判断が難しいんです

いったん 薬を飲み始めたらそれは

頭が 日常生活で機能するので快感であり楽なんですね

そして人生には次から次にいろいろなことが起きますから

結果ぼくは4年もの長い間

ストレス防止のために薬を飲んでました

今思っても

あの頃が人生で一番たいへんでしたね 

先生によってはよく話を聞いてくれますが 

問題解決の方法が薬なので

いろいろ話しても結局薬をもらうだけですね

セラピスト

セラピスト・心理カウンセラーは

クライアントの話を聞いて、問題の本質を探り、

心の闇や心の苦しみを紐解くのが目的ですから

話をちゃんと聞いてくれます

しかし 問題を探るのはとても難しい

その人のスキルがとても高くなければ

なかなか効きません

ある意味 一番当たり外れが多いかもしれません

ぼくはTA=交流分析の手法を使う二人のセラピストに
セッションを受けましたが
それほど効果はありませんでした

それに多くのカウンセラーはクラインから

心の闇の話をいつも聞くから

過度の共感を避けるために 

あまりにもクールな心で

話を聴く傾向があるんですね

占い(タロット占い)

占いは科学ではない

と思われているので嫌う人は徹底して嫌います

対面していろんな話をするということではセラピストやコーチと同じです

心理学の大家、河合隼雄さんは

アイルランド旅行の際、偶然みかけたタロット占い師について

自分とまったく同じことをしていると述懐してました

そしてその効果も同じなのです

河合先生も指摘してましたが 占いのいいところは

占いという手法で

超人的に登場した未来や現在や過去への状況説明や解釈が

客観的に目の前に提示されるので

それをもとにいろいろ話せることです

いちから自分の言葉で自分の苦悩や希望を誰かに語るのはそれ自体がしんどいもの

その点、占いはそこのところが最初からクリアになっている

だから解決策のところから話せばいいし

解決策も言ってくれることもあるので

楽です

気に入らないときは この占いは当たらない と逃げ道もあります

ちなみにぼくはタロットカードを使った
タロットコーチングをやっています

タロット占い

タロットコーチング

コーチング

コーチングはこれま

で主にビジネスにも取り入れる人が主流でしたが、

今は恋愛や、自分磨きや人間関係、そして人生の方針などにも

コーチングの力を取り入れる人が増えてきました。

自分が必要とする人生のいろんな局面でコーチはとても役に立つ存在です。

ずばり人に相談することはいいことです、

一人で耐えて克服する必要ってないかもしれません、

コーチにおんぶにだっこになると問題ですが、

コーチを利用して自分をよりよい状態に持っていくのはとても自律的な生き方と言えます。

https://mentor-999.com/entry/post-1580

まとめ

緊急事態のときは

心療内科の薬を飲むととりあえず心が落ち着きます

でも根本的に自分の心を紐解くには

心療内科ではなくてセラピーがいいですが

思うように納得感を持てたことは

ぼくはありませんでした(あくまでぼくの限られた経験の範囲です)

タロット占いはかなり紐解けますし、

そこでの気づきをコーチングで実現するタロットコーチングは、

ぼくの提供するセッションのひとつですが 

多くの人に受けてよかったと言っていただいています。

コーチングはティーチングと違って

自分で考えるのが大事だと言われるのですが

だからといって何もコーチが教えないと
それはまた物足りないものですし
日本ではもう少しコーチに頼りたい人が多いものです

そんなことから最近では

メンターのようなコーチが

活躍するようにもなりました

コーチっていうのはあくまで何かの目的に向かって

前向きに行動する人をサポートするのですが

メンターはコーチよりもっとその人の気持ちや心に寄り添うのですね

誰かが自分を認めてくれて

そのうえで応援してくれて

そして失敗してもOKといってくれて

チャレンジそのものをたたえてくれて

弱い心も認めてくれる

それは快感ですし

心強いものです

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村


カウンセリングランキング
ライフコーチング

辻冬馬式コーチング 読者登録フォーム