望む未来を想像する 理想の自分をイメージする

2021年5月30日

人は未来を想像する生き物です。そして自分自身をイメージする生き物です。
だから、想像力をフル稼働させると、望む未来や、目標を達成したときの自分の姿がはっきり見えてくるのです。そしてそれがはっきりと見えたとき、願いは実現するのです。
だから、能力開発は想像力開発とも言えそうです。

想像力ってどんなイメージがありますか?

想像力!
この言葉から何をイメージしますか?
ファンタジーの世界 SF小説 白昼夢
何か特別なものとして想像力を捉えていませんか?
また ちょっと子供っぽいものとして捉えていませんか?

でも今私たちの身の回りにあるものは すべて誰かの想像力の賜物ですし

(ちょっと周りをみたら、テレビ、エアコン、スマホ、冷蔵庫、などなど家の中は想像力が生み出したものだらけですね)

偉大な発見や発明 大きなビジネスもみな想像力あればこそです

あなたは想像力を使っていますか?

でももしかしたら あなたは
自分には想像力がない
と思っていませんか

それは間違いです

想像力は誰でももっているので

想像力を持っていない ではなくて

自分は想像力を使っていない が正解です

ではなぜあなたは想像力を使っていないのでしょう?

これはよくあるパターンとしてのご紹介ですが

人は幼い頃こそ 

おとぎ話や 魔法の国 ゲームの世界やテレビドラマの世界に没頭しますが

成長するにつれて それはやめた方がいいと言われます

そして自分でもそう思ってしまいます

想像は子供のすることで 大人は現実をしっかりと見るものだと

そんな教育を受けますね

授業中に想像にふけっていると間違いなく叱られます(笑)

社会は子供が空想をやめることを推奨しています

男の子だったらヒーローごっこを6年生になってもやってたら成長しなさいと言われます

つまり成長するとは想像することをやめることでもあったのです

それは言い換えると

過去と現在の一部の人の想像力が作った現実を受け入れて

自分の想像力はそれに足してはいけないということです

さて

夢想や空想はやはりよくないと思われるかもしれませんが

夢想なしに想像力はありません。

想像力を使った偉業の例

アインシュタインは子供時代からひとつの夢想がありました

光にもし乗れたらそのとき周囲に光はどう見えるのか?止まって見えるのか?動いているのか?こんな想像をいつもしていましたが明らかに夢想ですね

そしてこの夢想がやがて光にのって光を見ても見た光は普通に秒速30万キロで進んでいるという恐るべき理論を発見したのです 相対性理論ですね

またディズニーの想像力の力はもう言うまでもないですが

ミッキーマウスを始めとしたすべてのディズニーキャラクターを産み、世界中のディズニーランドを作ったのです

そしてコロンブスもまた想像力を駆使しました

最初それは夢想でした、地球は丸いから西に向かって船を進ませればインドに到着する

夢想に研究が加わりいつしか方向をもった想像力となったコロンブスの確信は、

平気で西へと彼の船を走らせ、新大陸アメリカの発見となったのでした。

日本の学校の先生が

仕事の合間にどんな椅子が子供の姿勢にいいかを想像して

最後は子供用の勉強椅子を工夫して作ってしまい

その特許をとったところ1億を超える額で家具メーカーが買い取ってくれた

という話があります

貧しいフランスの画家が

いつも消しゴムが床に転がって探すが大変だからと

鉛筆の頭に小さな消しゴムをくっつけただけで

大金持ちになったり

氷点下の場所でひげをそっていて傷らだけになったジレットさんが

安全にひげをそる方法を想像したことから生まれたのが

今のジレットカミソリですね

こんな話は枚挙にいとまがありません

特別な話だと思わないでください

あなたが想像力を使えばあなたにもいくらでも訪れる物語です

どんな方法があるかまじめに想像してみましょう

夢想ではなく方向性をもった現実的な想像です

目標設定には想像力がなければならない

目標設定をしてみましょう

1年以内に1億稼ぐ という目標は

たいていのひとは無理だと思うでしょう

それは今の現実と周りの知り合いの現実を

それしか見ないからです

だから夢想をやめて現実的な目標を設定するとするでしょう

するとそんな目標はウキウキしないからモチベーションもつづかず

現実的な目標すらかなわないことになります

すべてはここにポイントがあります

想像力を封じているもの

1 あなたが自分の能力を 自分の先入観で低く見ているからそれ以上を想像しない

2 あなたが自分の 獲得したいものに 「自分が値するかどうか」を考え値しないという先入観を持っている

ということを知ってください

ここにこそ想像力を働かせるべきなのです

まとめ

想像力!
子供の遊びではなくて
大人こそ
真剣に夢想にふけるべきなのです

大人には知識と経験があります

だから大人の想像は

子供の想像よりももっと壮大で複雑なんです

そして大人はそれをどうやったら現実にできるか

考えることもできるのです

あなたが今

あんまり想像力を使わずに生きているのだとしたら

もったいない

頭の半分を使っていないようなものかもしれないのです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

⇒辻冬馬式ライフコーチングへ

ライフコーチング

辻冬馬式コーチング 読者登録フォーム