You(ユー)メッセージからI(アイ)メッセージへチェンジしよう(自分の気持ちで考えることの大切さ)

2021年6月9日

「あなたはそんな人間だからダメなんだ」
と言われるとむっとするけど
「あなたがそんなことをすると私は悲しい、しっかりしてほしい」
と言われると、がんばろうと思えたりする
あなたを主語にモノをいうyouメッセージではなく
私を主語にしたIメッセージから
本当の人間関係は始まるのです

自分の気持ちを一般論に置き換えてデートに遅れてきた彼に怒る女性

30分デートに遅れて、連絡もしなかった彼に向かって
待たされた女性がどんな風に文句をいうか?
で彼女の運命は決まるかもしれません。

①「心配したから無事でよかった」

こんな女性はいないでしょうね(笑)もしそうならもう一生大丈夫。

②「30分も遅れるんだったら連絡ちょうだいよ、心配だしイライラするし、頭に来る、きょうはもうデートって気分じゃないわ」

ものすごく怒っていても、この女性は実は自分に素直なんですよね

③「30分遅れたのに連絡もないなんて信じられない。会社でもそうなの?教えてあげるけどそうなんだったら信用なくすわよ、時間を守るのは人間としての最低限のマナーよ、それができないなら、あなたはまともな仕事もできないし、この先結婚もできないわね」

さて①は例外だしもしそうなら、何もいうことはないので論評しません。

②は腹を立てていても自分の気持ちを言ってますね。これをIメッセージと言います。

Iメッセージを言えるのは

自分の気持ちに素直にそのまま言葉にしているので、

言われた方も、まあ大変ですが納得するのです。

問題は③ですね。自分の気持ちをほとんど言ってませんね。

彼の行為を一般化して、ルールを守れない人間はダメな人間だ、そしてあなたは守らないから仕事も恋愛もうまくいかないだろう。

こう言ってるわけです。

たぶんこの女性はこの男性と別れるでしょうし、

想像すると、会社でもプライベートでも基本的には嫌われています。

でも本人は、自分以外の世の中のすべての人間が平気でルール違反ばかりする変人ばかりだと思ってるでしょう。

そして自分は縁に恵まれず 運が悪いと思うのです。

特に女性が男性に一般化した発言をするとうんざりされます。

Iメッセージであればいくら女性が腹を立てても
男性はすぐに切り替えて彼女の気持ちに答えようとするものです。

でも一般化する女性にはそれが3回もあるとうんざりします。

そしてだんだん嫌われていくので

ますます彼女は一般論ばかり上から目線でいうようになり、救いようのないほど嫌われていくのです。

仕事に失敗した部下を一般論で叱る上司

週末までに、〇〇の内容で仕事を仕上げておくように言われたAくんは
金曜日の仕事終了時に目標の80%くらいしかやっていませんでした

そのA君に上司が叱るとしたらまずはよくある話ですが一般論型。

君にまかせていたのにこれじゃあ」もうまかせられない。みんなが迷惑しているし、会社としても損失だ。君はいつもこうだ、んな仕事の仕方では、社会では通用しないぞ、任された仕事を中途半端にしかできない奴は不要な人間だと思われる。君みたいなやつばかりが社員だったら会社はどうなる?間違いなく倒産するぞ。

見事なほどに自分がどう思うか言ってませんね。

基本こういう人は自分に素直になれないものです。

聞いてる方は あーそーですか くらいしか思わなくなります。

ではIメッセージ型上司の叱り方です

君ならできると思ったからちょっとボリューム多かったけどまかせたのに残念だ、できなかったことにはいろんな原因があるから考えてほしいんだが、それより一番残念なのはね。昨日かおとといあたりで、自分がどこらへんまでしかできない、というのがわかったと思うんだよね、そこで素直に相談してくれなかったことだよ。

そしたらね、その時点では失敗じゃないし、ちょっと誰かに手伝ってもらうとか、アドバイスもできた、そうやって君の引出も増えて俺もよかったと思えた、

ここまで来て80%の進捗ではいろんな意味で残念に思えてきて愚痴もいいたくなるんだよね。

いかがでしょうか。

Iメッセージ型の人って基本、今どんな気持ちかをベースに話すし、考えるから前向きだし、聞いていても納得感があるんですよね。

私たちがアイメッセージになれないのはなぜか?

ところで、私たちは なぜ自分の気持ちに沿って素直にモノを言わないのでしょうか?

たぶん人間って自然にふるまってるとyouメッセージで考えてしまう思考の癖があると思うんですよね。

そして、今ここでこの作業を失敗したことを取り上げて

自分の知ってるあらゆることを関連付けて

デートに遅れた彼に、今日遅刻したから仕事もうまくいかないと言ったりするわけです。

第三者としてこういう話を見聞きするとおかしさがわかりますが

日常で私たちはこんなことを相当やってしまっています(筆者も経験多数です)

今の自分の気持ちが傷ついた

この感情にいろいろ理屈をつけて相手を非難する言葉にするわけですが

結局のところ 自分の気持ちが良ければ怒りません

まとめ

女性のデートと部下を叱る上司の二つの例を見てましたが、Iメッセージで発言することの大事さがわかっていただけたでしょうか。

普段から気をつけて

特に腹の立つ出来事が起こった時などに

今の自分の気持ちは?と考えて

自分の気持ちだけを言うように工夫してみましょう。

そうすると結構怒りがなくなったりするものです

また

他人の発言を聞いて とくにあなたへの悪口なんかを言われた時など

その人がアイメッセージで語っていないなら

かわいそうな人だと無視したらいいですよ

アイメッセージは
マインドフルネスの一技法でもあるのです

ライフコーチング
https://lifecoach-999.com/lp/