【コーチングの心理学】You:ユーメッセージをやめてI:アイメッセージで伝えよう|コミュニケーションを劇的に改善する伝達法

「あなたはそんな人間だからダメなんだ」

と言われるとむっとするけど

「あなたがそんなことをすると私は悲しい、しっかりしてほしい」

と言われると、がんばろうと思えたりする

私たちは「あなたを主語にした」YOUメッセージで何か言われると不快になりますが

「私を主語にした」Iメッセージで語りかけられると素直に聞くことができます

あなたを主語にモノをいうyouメッセージではなく

私を主語にしたIメッセージを使うことで

人を非難する気持ちも収まってくるから

職場でも家庭でもコミュニケーションは劇的に改善します

YOUメッセージとIメッセージの意味を簡単解説

相手が何か不愉快な行動を取った時に aなたはその相手に向かってどんないい方をするでしょうか?

相手に向かってたとえば 

「あなたは○○」だという言い方をすればそれはYOUメッセージです

「私はあなたが〇〇したから不愉快だ」という言い方をすればそれはIメッセージです

そしてYOUメッセージからIメッセージに言い方を変えるだけで

人間関係は円滑になり 自分の考え方まで変わっていくのです

具体的に見ていきましょう

*簡単に全体像をつかみたい方はこちらをどうぞ

【簡単解説】youメッセージからIメッセージへ切り替えよう

ユーメッセージとアイメッセージの具体例

1.自分の気持ちを一般論に置き換えてデートに遅れてきた彼に怒る女性

彼にとても腹を立てる女性

30分デートに遅れてきたのに、連絡もしなかった彼に向かって
待たされた女性が彼になんて言うか?
3つのパターンを見てみましょう

パターン1

①「心配したから無事でよかった」

こんな女性はいないでしょうね(笑)寛大すぎると思います(笑)

パターン2

②「30分も遅れるんだったら連絡ちょうだいよ、

心配だしイライラするし、頭に来る、

きょうはもうデートって気分じゃないわ」

ものすごく怒っていても、この女性は実は自分に素直なんですよね。

よく見ると自分の気持ちだけを言っていて

彼をなじったりしてないですね

パターン3

③「30分遅れたのに連絡もないなんて信じられない。

会社でもそうなの?

教えてあげるけどそうなんだったら信用なくすわよ、

時間を守るのは人間としての最低限のマナーよ、

それができないなら、あなたはまともな仕事もできないし、この先誰とも結婚できないわね」

パターンごとの解説

パターン1は寛大すぎるけど自分の気持ちを言っていますからIメッセージです。

パターン2は腹を立てていても自分の気持ちを言ってますからIメッセージです。

デートに遅れてきた男性もこんな風に言われたら腹を立てることもなく

素直に反省して次はもう遅れないようにしようとなるかもしれません

Iメッセージの場合は
自分の気持ちに素直にそのまま言葉にしているので、
言われた方も、納得するのです。

問題はパターン3ですね。

ここでは自分の気持ちをほとんど言ってませんね。

しかも彼の行為を一般化して、ルールを守れない人間はダメな人間だ、

そしてあなたは守らないから仕事も恋愛もうまくいかないだろう。

こう言ってるわけです。典型的なYOUメッセージです

YOUメッセージ的思考に陥ると 相手のひとつの例を取り上げて

「いつもそうだ」「なにごともそうだ」と相手の人格を否定する発言になっていきます

事例の男性の身になって考えると

遅れてきたことを非難されるのは仕方ないけど

そこから発展して 一般論で

自分のことをあーだこーだ言われると

逆に腹を立ってきます

デートに遅れてきたことに対して

そんな行動をやめてほしいと伝えるか(Iメッセージ)

そんな行動を取るあなたはダメな奴だと伝えるか(YOUメッセージ)

その違いになって来るのです

2. 仕事に失敗した部下を一般論で叱る上司

部下を叱る上司

週末までに、〇〇の内容で仕事を仕上げておくように言われたAくんは
金曜日の仕事終了時に目標の80%くらいしかやっていませんでした

そのA君に上司が叱るとしたらまずはよくある話ですが一般論型。

君を信じてまかせていたのに これじゃあもうまかせられない。

みんなが迷惑しているし、会社としても損失だ。

君はいつもこうだ、こんな仕事の仕方では、社会では通用しないぞ、

任された仕事を中途半端にしかできない奴は不要な人間だと思われる。

君みたいなやつばかりが社員だったら会社はどうなる?間違いなく倒産するぞ。

見事なほどに自分がどう思うか言ってませんね。

聞いてる方は あーそーですか くらいしか思わなくなります。

では次に
Iメッセージ型上司の叱り方です

君ならできると思ったから ちょっとボリューム多かったけどまかせたのに 

最後までやっていなかったのは残念だ、

できなかったことにはいろんな原因があるからそれをきちんとさぐってほしい

それとともに こういう時の対応も考えてほしいんだ

昨日かおとといあたりで、自分がどこらへんまでできるかはわかっていて、

100%仕上げるのは無理だと わかったと思うんだよね、

そこで素直に相談してほしかったよ

そしたらね、その時点では失敗じゃないし、ちょっと誰かに手伝ってもらうとか、アドバイスもできた

いかがでしょうか。
おまえはこうだ!とは一言も言ってません
すべて自分の気持ちを語っていますね
Iメッセージ型の人って基本、今どんな気持ちかをベースに話すし、考えるから前向きだし、聞いていても納得感があるんですよね。

私たちはなぜIメッセージになれないのか?

Iメッセージ

ところで、私たちは なぜ自分の気持ちに沿って素直にモノを言わないのでしょうか?

たぶん多くの人は 

youメッセージで考えてしまう思考の癖があると思うんですね。

そしてYOUメッセージは一般論での言い方になっていくので

(あなたは)いつもそうだ

(あなたは)やっぱりそうだ

(あなたは)どうしてこんなことばかりやるんだ

(あなたは)またやったね

(あなたは)何度言ったらわかるんだ

みたいな発言や思考になっていきます

第三者としてこういう話を見聞きすると おかしさがわかりますが

日常で私たちはこんなことを相当やってしまっています(筆者も経験多数です)

あらゆる人間関係の基本はyouメッセージをIメッセーに修正すること

デートに遅れてきた彼への思いや言葉は

あたなは遅れてきてひどい人だ がYOUメッセージで

わたしはあなたが遅れてきたから悲しい がIメッセージです

締め切りまでにきちんと仕事を終えなかった部下に対しては

やっぱりおまえはこうなる、いつもそうだ おまえはとんでもないやつだ

が youメッセージで

わたしは 君がきちんと仕事を仕上げなかったから悲しい

が Iメッセージです

youメッセージは相手の反感を買うばかりか

相手はきっと何も変わらないでしょう

でもIメッセージだと
何か対話の糸口が見えてくると
そう思いませんか?

まとめ

人間関係は職場でもプライベートでも
誤解や偏見や積み重なったいろんな思いで
ギクシャクすることが多いものです

そのひとつの打開策が

youメッセージをアイメッセージに変えることです

普段から気をつけて

特に腹の立つ出来事が起こった時などに

今の自分の気持ちは?と考えて

自分の気持ちだけを言うように工夫してみましょう。

そうすると結構怒りがなくなったりするものです

また

他人の発言を聞いて とくにあなたへの悪口なんかを言われた時など

その人がアイメッセージで語っていないなら

かわいそうな人だと無視したらいいですよ(過激ですけど(笑))

コーチングに少しでもご関心のある方へ

コーチングにご関心があればお読みください!

①下記ボタンよりお気軽に無料セッションにお申込みください。30~60分でいろんな説明や、実際のワークなどもやっています

無料お試しコーチングセッション申込

申込前に私がどんな感じか知りたい方はこちらへ→辻冬馬の潜在能力引出チャンネル

②コーチングの全体像が知りたい方は 下記ボタンからメールマガジンにご登録ください

6回読切り辻冬馬式コーチングのメールマガジン申込

③イメージと瞑想に 関心が深い方はこちらから
イメージングのみ まずは知りたい方は
イメージストリーミングのメールマガジン申込
自律訓練法のみ まずは知りたい方は 
自律訓練法のメールマガジン申込