【賢者の知恵】速聴で生きるための知恵を高速インストールする方法

2021年9月2日

昔 私はSSI社の成功プログラム/自己啓発プログラムを利用していました

田中孝顕さんという人が一人で作ったノウハウであり会社です

プログラムの中には独自の名前のついた様々なメソッドがありましたが

速聴という言葉ははメジャーになりました

速聴を経験してない人はおおむね否定的に評価しますし 

テレビでもこんなことで能力開発なんてできないですよね!

と笑われていました

でも 私の経験でいえば明らかに効果があります!ありました!!

ただし 一回だけ10分間速聴で何かを聴いてもぜんぜん大したことはありません

今回は速聴で圧倒的な効果を得た私の速聴利用術などお話します

速聴の実践的活用法

速聴の効果を実感するために私がやったことは
毎日1時間 30日間 テキストを読みながらの速聴でした(読みながらの速聴を逆聴といいます)

4日目くらいからランナーズハイならぬ速聴ハイ現象が起こって

自己啓発テキストの内容が雨あられとなって頭に降り注ぐような感じでした

そして毎朝1時間の速聴を続けたその40日間、私はとてつもない前向き人間でした。

テキストの意味の脳への入り方もすごいのですが

速聴によって高速の音声を聴くのが

ランナーズハイのような効果を生み出して気持ちがよく

能書き通り 頭の回転が速くなっているような気がしました

確かに誰かがしゃべっているのが遅く聞こえるんですよ!

速聴による過飽和入力の威力はすさまじかったです

過飽和入力とは何ですか?

SSI社のノウハウでは
このようにどんどん良い内容を頭に入れて行くことを
過飽和入力と言ってました。

読んで字のごとくです。

脳が受け止めきれないほどに大量の情報を流し込んでいく

それはすべて人生をより良き方向にもっていくための知恵の内容です

するとバビル2世がコンピューターから必要な情報を脳に流し込まれて教育されたように

知らない間に潜在意識に新たな思考が入り込んでいるのでした

昔は高額機器を購入しなくてはならなかった

さて昔は大変でした

このような速聴による音声ソフトからの過飽和入力をするためには

機材を購入しなければならず

それは安いものではなく

知恵のつまった音源もまとめてで

50万円~300万円ほどかかっていました

そして

購入してもしっかりと使いこなせる人は少なかったようであり

その証拠に各種オークションなどに

自己啓発プログラムは目白押しとなっています。

でも使いこなせた人には100万円払ったとしても高くはなかったと思います

速聴は実質無料でできるようになった

私のやってる自律訓練法を利用したコーチングでも
過飽和入力をやります。

速聴に興味のある人には無料ですぐにでも体験できる方法をお伝えしています。

お気に入りのCDでもなんでもとにかく音源を

PC上でGOMプレーヤーで開けばいいのです

GOMプレーヤー自体は、Windowsメディアプレーヤーのような音響再生ソフトなので

それを無料ダウンロードすればすぐに使えます。

さてGOMプレーヤーで音源を開いたら、高速再生ができるのです

SSIの速聴装置は4倍速をマックスにしていましたが

GOMプレーヤーは12倍くらいまで早送りできます

でも人間に耳で聴きとれるのは4倍くらいが限度です

それにSSIの用意していた装置は音質がとてもよかったので4倍速も簡単に聞けてましたが

GOMプレーヤーの音質では3倍がやっとかと思います

でも3倍でも相当な速聴効果がありますよ

速聴と合わせて使いたいメソッドとは?

私の過飽和入力は
自律訓練法で達成した自律性状態を利用して
自律性状態の心身の状態の中で
自分が好きな言葉や本を頭にしみ込ませるようにしています。

これはSSIではアルファ波バイオフィードバック装置を使って特定の音源情報を聴くようになっていて

それを晴れ渡った空と言う意味で シリーニングと呼ばれていました

このシリーニングこそ

自律性状態での情報流し込みです

さらに

目標などのイメージを自律性状態でイメージングします

つまりノウハウを習得したら

あとはいくらでも自分の本などを使って過飽和入力ができるわけです

いわば 藍染めのようなものです

まとめ

速聴や過飽和入力のメソッドを使って

自分の中に自分の必要な情報を流し込んで取り込めることができたら

素晴らしいと思いませんか?

それを可能にするのが速聴による過飽和入力と

自律性状態による過飽和入力です

藍の特殊な染め液の中に脳という着物を浸して

自分の望む色に脳を染め上げる

その結果

良き人生をつかむ

そんなプログラムコーチング提供しています

無料お試しコーチングセッション申込