【チャネリングのようなイメージング】目の前の人を強くイメージングすると気づかなかったその人の本当の姿が見えてくる

2024年5月7日

イメージトレーニングといえば今やスポーツでは当たり前のように使われていて

イメージなしで練習しても意味がないとさえ言われるほどです。

そしてその効果は広く知られてきたので

ビジネスシーンや将来の夢や目標達成にもイメトレは応用されています

ところで

同じイメージを扱うメソッドでも

イメージストリーミングは普通のイメトレとは原理が違います

理想のイメージを描くのではなくて 目を閉じて勝手に浮かんでくるイメージを解釈するのです

イメージを使って潜在意識からのメッセージを聞く方法

潜在意識の思考はイメージが教えてくれる

最近の脳科学の研究によると
潜在意識の中でこそ深い思考が行われており
自意識はそれらを現実の生活に応用するための 編集機能に過ぎないと言われもします

だからこそ

ニュートン、アルキメデス、湯川博士、などの偉大な発見は

お風呂に入っていたり、散歩してたり、庭いじりしてたりするときに

ふと思いつくわけです

想像力があなたの未来を創造する|イマジネーションのパワーが夢と現実をつなぎ人生を豊かにする

潜在意識の思考がリラックスしたとき浮かびあがってくるのです

大事なこと:潜在意識の思考は 言葉ではなくイメージとしてやって来る

イメージトレーニングには2種類ある

1.見たいイメージを見る練習

これは普通のイメトレです。こうなりたい、あんなパフォーマンスをしたい、時にそれが実現した映像を見ます。

そしてそれを深く脳に焼き付けていくのです

【イメージトレーニングの8つの方法】仕事も人生も向上させるイメトレの簡単な方法から本格的な方法まで教えます

2.潜在意識からやって来るイメージを捕まえる練習

これはイメージストリミーミングやユングのアクティブイマジネーションです

イメージの自律性を利用します つまりイメージというのはほおっておくとひとりでに変化していくのです

【イメージストリーミングの具体的な練習方法】潜在意識の知恵を引出し変性意識に入れる心理学ワークの練習方法を詳しく解説|動画解説付き

自分の潜在意識に他人のことを聞いてみたら驚いた!

他者の潜在意識

今回の記事のメインテーマです
この潜在意識からやって来るイメージを捕まえるという方法を応用したものに
他人の潜在意識を読むというのがあります

その人を強く意識して 見えてくるイメージをひたすら見るのです

すると

あたかも占いでもやったかのように

事例1.転職に悩むクライアントさんをイメージングしてみた

正確にその人の現状や課題が浮き彫りになります

私がそれをクライアントさんに行ったとき

「これはチャネリングですか?」と聞かれましたがそうではありません

イメージのなせる業だったのです

ある人が勤務先の仕事にうんざりして、転職を考えていましたがかといって具体的に行動をとるわけでもなく

毎日をだらだらと過ごしていました。

彼の会社は細長いふるい木造の二階建ての建物でした。あんまり古すぎるのでいよいよ会社は少し都会地のオフィスビルに引っ越すことになりました。

山のふもとの郊外にある今の会社から都会地への引越しにあたって

みんなはダンボールに意欲的に荷物をつめていましたが、彼はいつまでたっても荷造りをはじめません。

そこでわたしは彼に依頼されてイメージ占いをすることにしたのです

イメージはこういう展開でした

森の中の細長い木造の建物が壊れかけていて、誰もいません。

建物の真ん中あたりで彼が建物の間に挟まって身動きできなくなっています。

彼は体がうごせなくなっているのですが、ぼろぼろに朽ちた木だから、

力を入れたら壊れるのですが、彼は挟まったことを言い訳にするかのようにじっとしています。

一方場面は展開して、青い海の港の近くに人々が、樽を転がしながら近づいていきます。

どうやらその樽を港で船に載せて交易をすることで繁栄していこうとしているようです。

樽を青い海に向かって次々に転がしていきます。

解釈

このイメージストリーミングはわたしが彼の頭に両手をおいて、見えてきたイメージを言葉に代えていったものです。

状況から考えて解釈はとても簡単です。

彼はやめたいと思っている会社にみずからわざとはまり込んで動かず出て行こうもしません。一方引越しでダンボールに荷造りしている仲間は楽しそうですが、彼は荷造りもしません。

せっかくの港への荷だしもせず、今の場所でがんばることもせず、ただ挟まって身動きができないのでした。

これが彼の代わりにイメージストリーミングをした内容です。

もともとは自分でイメージを見たいと言っていたのですが

しばらく練習しないと見えませんよとお話すると

では代わりに見てくださいとなったわけです

彼についてはその状況の概要は相談者である彼自身から聞いていましたから

すべてをわたしのイメージが言い当てたというわえけではありませんが、

当人にかわってイメージストリーミングをするとその人の状況というものが

とてもわかりやすく出てくるのだと言うことが体験できてわたしもとても充実しました。

これは「チャネリング」とほぼ同じです。チャネリングの場合は霊や先祖や天使が舞い降りるのですが、

イメージリーディングの場合は潜在意識からのメッセージを受け取るメソッドであるということです。

事例2.彼と別れて今後どうするかを考えていたクライアントさんにメールやり取りの中でやってみた

私の夢はかないますか?

というテーマに対して

イメージングをしたときの話です

メールのやりとりしかできないとおっしゃるので

そうしたのです

まったく彼女の状況は知りません

さて見えてきたイメージはこうでした

彼女はアフリカのようなところで

崖の上から星空に向かって歌を歌っている

彼は、山を越えてはるかかなたに去って行った

そんなシーンが見えたのですが

彼女に言うと

私はアメリカに住んでいました

彼とはニューヨークで一緒に住んでいたがロシア人の彼はロシアに帰ったのだと。

そして今自分は

ハワイの断崖の上のようなところの農家で住み込みで働いていて

主人夫婦はアフリカ人で家の中はアフリカチックです

私は歌手を目指していて

断崖から景色を見ながら歌うことがあります

私が見たイメージは

彼女の現状を  具体的に何一つしらず

ネット上のメールやり取りだけで

私は何も知らないのに

わたしのイメージは

彼女の現状をそのまま言い当てているのでした

   これは実際にあった話です

事例3.自信のない男性の心の中をのぞいた

イメージ

これはAさんに実際に行ったイメージ占い=はてしなくチャネリングの事例です

山のふもとののぼり道にはコンクリートが張られている

昇る前に家があって立ち寄る、

すると縁側に鶴が座ってお茶を飲んでいる。

こんにちわと声をかけると鶴がお茶をどうぞと言ってくれるのでごちそうになる。

飲み終わると鶴はよいしょっと腰を上げて

機を織ると言って立ち上がる。

まさか自分の羽で織るのかと聞いたらいまどきそんなことをする鶴はいないと、

どこからともなく持ってきた不思議な糸で着物を作り出す。

お礼にと、家の中の修復の大工仕事に立ち上がる。

神棚を作ろうとしたら、一番気になったのは仏壇で仏壇まわりを修復してやった、

すると鶴はありがとうといいながらこっちを見てほしいと

奥の部屋に連れて行く。

そこには動かない龍の置物がある。

大きくて部屋いっぱいにあって、邪魔になるけど窓の大きさから部屋からだせない。

なんで入ってるかはわからないから、

だしてほしい、家を壊してもいいと言われる。

そこで部屋の角を破壊した。

すると竜は自分から動きだして山の空の方へ飛んで行った。

鶴もAさんも驚かず窓が開けば出ていくやろうねと当たり前のように言う。

そして壊した角の壁を修復する。

今度龍がとじこめられたときのために穴を作る。

穴を一つ作ればでていくときは障子のドアを通ってでていけるから、

つまり出口はあるので入り口をふさがないで残しておくといい。

鶴はお礼を言う。

場面は変わってAさんが山を歩くたびに鶴がお茶を上からかけてやる。

ありがとう、ありがとう、と言いながらいつも山ではお茶をかける。

縁側に座って、鶴は湯飲みの中にAさんを見ていて、

山に来れば仲間が飛んでいき上からありがとうありがとうと言いながらお茶をかける

解釈

さてこのイメージはどんな意味をもっていたかというと

ひとつだけご紹介すると

奥の狭い部屋で動けなくなっていた龍はまさにAさんであり

自由になるには自分のものの見方とか自分の思い込みとかを

一部破壊しないといけなかった

今回それを破壊して解放された龍は飛び立ったのです

そして今後はいつも巨大な龍が自分の中に入ってきてもいいように

部屋に穴をあらかじめあけたのです

このほかにも鶴のお茶の話も奥深いものがありますが

おおむねこんな感じで

ご本人には納得感満載の有益な時間になったのでした

まとめ

イメージとは潜在意識が使う言葉です。

その言葉=イメージは、まだ私たちの自意識が気づいていないことに

すでに気づいているのです

まず潜在意識が知る、気づく

そのあとでそれが自意識にやってくる

それが脳の構造なのです

イメージをダイレクトに扱えると大きなアドナンテージを得ることになります