【イメージストリーミングとチャネリング】他人のイメージを覗いて見えたことを話したらチャネリングだと言われた

2021年7月15日

イメージトレーニングについて、詳細はしらなくても漠然とはご存じだと思います。

一番ポピュラーなのは、理想のパフォーマンスを繰り返しイメージでみて

徐々に体がその通り動けるようになることですね

スポーツでのイメージトレーニングは基本これです

でもイメージストリーミングはイメージを扱うにしても原理が違います

理想のイメージを描くのではなくて

目を閉じて勝手に浮かんでくるイメージを解釈するのです

イメージを使って潜在意識からのメッセージを聞く方法

潜在意識というのは、自意識以外のすべての脳の機能のことなので
日本以外を外国と言ってるようなものです

潜在意識の中でこそ本当の思考があり

その一部が自意識に浮かんでくるというのが実際の動きみたいです

だからこそ

ニュートン、アルキメデス、湯川博士、などの偉大な発見は

お風呂に入っていたり、散歩してたり、庭いじりしてたりするときに

ふと思いつくわけです

私たちは日常的にこの脳の特徴を意図的に使えるのです
答えは ぼんやりと見えてくるイメージの中にあるのです

自分の潜在意識に他人のことを聞いてみたら驚いた!

そんなイメージストリーミングですが
あるとき 結論を急いでるクライアントさんがいて
辻さんが自分の代わりに、自分に対してイメージを見てほしいと言われました

動画で詳しくお話していますが

その人を強く意識して見えてくるイメージをひたすら見たのです

すると

あたかもタロット占いでもやったかのように

正確にその人の現状や課題が浮き彫りになったので

「これはチャネリングですか?」と聞かれましたが

イメージのなせる業だったのです

動画で解説 イメージストリーミング

コーチングのページへ